メニュー

海沿いの家と塩害 - 湘南塗装ドットコム

外壁塗装コラム

海沿いの家と塩害

カテゴリ: 外壁塗装コラム 公開日:2019年09月23日(月)

外壁塗装が塩害の影響で剥げてきたりしていませんか?

塩害は塗装できるようにの劣化を早めたり、金属部を腐食させたりと、海沿いで暮らす方々の悩みのタネの一つではないかと思います。

この塩害に対して、正しい知識を持つことで塩害に強い暮らしができるようになるのでご紹介します。

 

●塩害とは?

 

海水は塩分を含んでおり、その塩分を含んだ水が蒸発し、塩気をまとった潮風が建物などに付着して部材の劣化を早めます。これが塩害です。

屋根・外壁・玄関ドア・アルミサッシなど、建物に付着することで、腐食を進行させサビ・建物の劣化を促進させてしまいます。

海に近いほど潮風の影響を受けやすく、海から5キロ圏内の方は塩害対策が必要です。

 

 

●塩害の影響を受ける建物の部位

 

<外壁・屋根・カラーベスト・スレート瓦・セメント瓦・トタン屋根・トタン・玄関・門・アルミサッシ・シャッター・フェンス・門扉・鉄柵・看板・遊具などの鉄部・ドア・雨戸・羽目板・など木部・モルタル・コンクリート壁>など金属部だけでなく建物全体に被害を及ぼすことを覚えておきましょう。

 

 

●塩害が引き起こされるとどうなるのか?

 

塩害が起きている屋根・外壁のメンテナンスを怠ると建物の劣化が早まり、長く住めない家になってしまいます。

潮風の影響で塗料の耐用年数の劣化が早まり屋根塗装・外壁塗装などの住宅メンテナンスの時期が早まります。

メンテナンス時期が早まることで、通常よりも費用がかさむため塩害対策を行わないと周期的に発生する修繕費が高くなってしまいます。

 

 

●塩害対策①

 

塩害対策には、耐塩性・耐久性の強い塗料での塗装が求められます。

塩害が発生する地域では、通常よりも塗装で形成された塗膜が早く劣化するので、本来の耐久性から2〜3年は寿命が早くなります。

このやり方で塗装を行っていくと何度も屋根・外壁の塗り替えが必要となり、将来的に大きな金額を支払うことになってしまいます。

そのため、少し値段は高いですが最初から耐塩性・耐久性の強い塗料を使うことで、結果将来的にかかる費用を抑えることができます。

 

 

●塩害対策②

 

外壁自体を耐塩性・耐久性の高い外壁にすることで、塩害に対し十分な対策が取れるようになります。

塩害に強い外壁は樹脂サイディング

樹脂サイディングは塩化ビニル樹脂製の外壁材のため、サビたり腐食する心配がありません。

この強い耐性が、塩害を防いでくれます。

塗装ではなく、外壁の張替えを行う場合は、樹脂サイディングも検討材料の一つとして考えておきましょう。

 

 

●塩害対策③

 

屋根・外壁の塩害を防ぐためには、塗料・外壁材など対策方法はありますが、やはり一番は地域性を知り尽くした地域密着の優良店を選ぶことです。

地域密着の優良店には以下の様な良さがあります。

  • ・塩害に対しての十分な知識を持っている
  • ・あなたの家の塩害対策のプランを立ててくれる

 

地域性を熟知していない他の地域の塗装業者を選んでしまうと、塩害対策が十分にされないまま塗装が行われることになり、すぐに塩害で剥がれる塗装になってしまいます。

そうなると何度も塗り替えないといけなくなり、費用もかさむ結果に…塩害対策の塗装を行う場合は、必ず地域密着の優良店を選ぶことが、塩害対策の一つとなります。

 

 

 

 

Copyright©湘南塗装ドットコムAll Rights Reserved. login