メニュー

屋根・外壁塗装はなぜ必要なの? - 湘南塗装ドットコム

外壁塗装コラム

屋根・外壁塗装はなぜ必要なの?

カテゴリ: 外壁塗装コラム 公開日:2019年07月08日(月)

屋根や外壁塗装に関してな誤った知識をお持ちの方が多くいらっしゃいます。

雨漏りや外壁の破損など、目に見える症状が現われなければ塗装を行わなくてよいのか?

答えは「いいえ」です。定期的なメンテナンスが家を長持ちさせ、結果的にリフォームコストを

抑えることにも繋がるのです。

今回はなぜ塗装が必要なのか、塗装をしないとどうなってしまうのかをまとめてみました。

 

<塗装の最大の目的>

屋根や外壁を塗装する最大の目的は「防水機能」を保つためです。家を美しく保つ「美観性」や

夏場を快適に過ごすための「断熱性」も目的の一つですが、雨水の侵入を防ぎ家を守る「防水機能」こそが

塗装をしなければならない最大の理由です。

 

<塗装を怠るとどうなるのか>

経年劣化によって防水機能の役割を担う塗膜が無くなると

スレート屋根は雨の日に雨水を吸い晴れた日に乾きます。

それを繰り返しスレート屋根は反り返り細いヒビ割れを起こし

次第に大きな破損に繋がります。

そして、そこから雨水が侵入し木材や鉄骨を腐食させ、最悪の場合雨漏りを起こします。

「ウチは雨漏りしてないから大丈夫」「雨漏りしたらやる」と仰る方がいらっしゃいますが

雨漏りしてからの工事は莫大な金額がかかります。

「雨漏りしてからでは遅い」といことを覚えていただけたらと思います。

 

<塗装が必要な状況かの見極め方>

まず外壁表面のツヤが無くなります。塗料によってツヤ有り、ツヤ無しのものがありますが

ツヤ有りの塗料で施工した場合でも経年劣化とともにツヤは無くなります。

さらに外壁の表面を手で触ると白い粉がつく「チョーキング現象」が起きます。

このチョーキング現象が起きた時は外壁塗装が必要なタイミングの大きなサインと言えます。

またその他に外壁や目地にヒビ割れを起こしたり、コケや藻が生えた時も

塗装が必要なタイミングと言えるでしょう。

 

 

以上、塗装の必要性について書かせて頂きました。上記の様に現状をセルフチェックする事も出来ますが

プロに診断してもらうことが一番です。

弊社ではご相談、点検、お見積り全て無料で承っております。お気軽にお問い合わせください。

 

Copyright©湘南塗装ドットコムAll Rights Reserved. login