メニュー

屋根・外壁塗装に適した季節は? - 湘南塗装ドットコム

外壁塗装コラム

屋根・外壁塗装に適した季節は?

カテゴリ: 外壁塗装コラム 公開日:2019年07月01日(月)

「冬は塗料が乾かなそう…」「梅雨の時期は塗装が雨で流れてしまうんじゃないか…」

塗装する季節に関するお悩みやご相談をお客様からお受けすることが多々あります。

結論から申し上げますと一年中通して塗装は可能です。

しかし、季節ごとにメリット、デメリットが異なるので以下にまとめてみました。

 

 

~春~

メリット:空気が乾燥しているので塗料が乾きやすく、気温も適温なので職人が快適に作業が出来ます。
また窓を閉め切っていても過ごしやすい季節なので、お客様にとっても都合が良い季節です。

デメリット:春は不安定な天候も多いため、工事期間が延びてしまう事もあります。


~梅雨~

メリット:真夏や冬に比べれば職人も作業しやすい時期です。

また梅雨の時期の施工を避ける方が多いので値引きをする業者も多いです。

デメリット:湿気が多くて塗装に適さないとも言われていますが梅雨の時期に施工した物件の

耐久性が他の季節に塗装したものと比べて劣るということはありません。
雨のため工期が延びる可能性があります。


~夏~

メリット:塗料の乾きが早いので工期が短い。透けや掠れの塗り残しの心配が少ない。

デメリット:職人にとっては猛暑日はハードな現場となります。
また、基本的には施工中は窓を閉めることになるため、エアコンなしでの生活が出来なくなります。


~秋~

メリット:空気が乾燥していて塗料が乾きやすい、窓を閉め切っていても過ごしやすい。
デメリット:台風の時期のため施工出来ない日が続き工期が延びてしまう可能性がある。


~冬~

メリット:窓を閉め切っていても不都合がない。塗装物に対する塗料の付着や吸収も良い。
デメリット:気温が低く塗料が乾きにくい。屋根の結露などが頻繁に起こるため作業がしづらい。

日照時間が短いので一日の作業量が少なくなってしまう。


以上が季節ごとのメリット、デメリットです。

どこに重きを置くかで判断してはいかがでしょうか。

少しでもご参考になれば幸いです。

 

Copyright©湘南塗装ドットコムAll Rights Reserved. login